ハウスコム Research Memo(6):無借金経営。安定した財務基盤を確立

■業績動向



2. 財務状況と経営指標

ハウスコム<3275>の2019年3月期末の総資産残高は512百万円増(前期末比)の9,408百万円となった。そのうち流動資産は451百万円増の6,919百万円であり、主な要因は現預金の増加428百万円である。固定資産は60百万円増の2,488百万円であり、大きな変化はなかった。



負債合計は84百万円減(前期末比)の3,373百万円となった。そのうち流動負債は106百万円減であり、主な要因は賞与引当金123百万円減である。固定負債に大きな変化はなかった。純資産合計が596百万円増(前期末比)の6,034百万円となったのは、繰越利益剰余金の増加621百万円が主な要因である。



経営指標(2019年3月期末)では、流動比率が255.3%、自己資本比率が63.8%と、無借金経営を背景に安全性が非常に高い。将来的には事業領域拡大のためのM&Aも視野に入れており、そのための資本の蓄積が進捗している。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索