キーエンス---反落、今期減益の見込みとして国内証券が投資判断格下げ

キーエンス<6861>は反落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げしている。目標株価も87000円から68000円に引き下げ。米中貿易摩擦により企業の設備投資意欲冷え込みの影響は同社も免れず、20年3月期はわずかに減益となる可能性が高まったと判断しているもよう。EPS成長率低下に対してバリュエーション調整は進んでいないと指摘。20年3月期営業利益は、3400億円程度の市場コンセンサスに対し3095億円と予想。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索