Eストアー Research Memo(7):株主優待を年1回500円から年2回合計2,000円へと大幅に拡充

■株主還元



Eストアー<4304>は株主還元について、配当によることを基本とし、業績、財政状態、成長のための内部留保などを総合的に勘案して配分を行っている。公約配当性向は設定していないが、利益配分の考え方の根底には「株主、顧客、社員の3者で山分け」という基本理念がある。過去においても、この基本理念に基づいて配当額を決定してきた実績がある。



同社は2019年3月期の配当を前期比1円増配し29円としたが、2020年3月期についても前期比横ばいの29円(期末配のみ)の配当予想を公表している。2020年3月期の1株当たり当期純利益は第1四半期の期中平均株式数を適用して試算すると62.42円となるため、2020年3月期の予想配当性向は46.4%となる。



現金配当に加えて、同社は株主優待制度も設けているが、今般、その拡充を発表している。これまでは1単元(100株)以上保有する株主に対し、毎年3月31日を基準日としてQUOカード500円分を贈呈していた。これを今後は9月30日と3月31日の年2回を基準日とし、1回当たりの優待内容もQUOカード1,000円分と増額した。1年間の株主優待総額は従来の500円から2,000円に4倍となる。この制度は2019年9月30日から適用される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索