AOITYOHold Research Memo(4):「働き方改革」による受注コントロールを継続も受注・売上が増加

■AOI TYO Holdings<3975>の活動実績



1. 動画広告事業

テレビCMなど従来メディアの広告制作市場がほぼ横ばいで推移する一方、動画広告市場(インターネット上の動画)が拡大基調をたどるなかで、動画広告事業の売上高は前年同期比1.7%増の21,435百万円となった。プリントレス化の進展※1によるプリント売上の減少(約3億円の減収要因)は想定内。「働き方改革」による受注コントロールを継続しつつも、大手広告会社向けの受注・売上が増加したことから微増収を確保した。一方、利益面では、外部支出原価の管理徹底を継続するも、利益率の高いプリント売上の減少による影響に加え、実行利益率※2の低い案件の受注等により、実効利益率(CM制作部門のみ)は33.5%(前年同期は36.4%)に低下した。



※1 放送局に対するテレビCM素材の提供方法については従来から記憶媒体へ複製(プリント)した上で各局へ納品しており、その複製にかかる売上・利益を計上してきた。ただ、2017年10月よりオンラインでのデータ送稿が可能となったことから、その分の売上・利益が段階的に減少している。

※2 実行利益とは、CM制作における売上高から外部支出原価を差し引いた利益。





2. 広告関連事業

広告関連事業の売上高は前年同期比9.6%増の4,322百万円と大きく拡大した。イベント関連の新規連結

子会社が増収に寄与している。



3. ソリューション事業

ソリューション事業の売上高は前年同期比16.9%減の3,385百万円と減少した。ただ、スポット的なメディア売上の減少(約9億円の減収要因)による影響などを除くと、実態としては着実に伸びていると評価するのが妥当である。特に、TYOオファリングマネジメント部門の売上高(メディア費を除く)が前年同期比14.0%増の2,073百万円に拡大。テレビCMや新規顧客からのイベント等の受注増が増収に寄与した。一方、Quark tokyoによる売上高は同5.8%減の1,032百万円と減少。既存の大口案件の規模縮小により減収となったものの、Web映像の制作やプロモーションの企画等の売上高は伸びているようだ。ただ、成長分野として位置付けているものの、引き続き、専門性の高い人材の確保などが課題となっている。2019年8月20日には、CCIとの合弁会社を設立(詳細は後述)。CCIとの協業により、顧客基盤の拡大はもちろん、今後の人材確保にもプラスの効果が期待できる。



4. 海外事業

海外事業の売上高は前年同期比15.4%減の1,494百万円と減少。業績不振であった北京現地法人の整理等によるものであり、来期以降の利益成長に向けた布石と言える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る