エリアリンク Research Memo(11):2019年12月期は40円の配当予想を公表

■株主還元



エリアリンク<8914>は株主還元を重要な経営課題の1つと位置付けており、配当によることを基本としている。その株主配当については、中長期的な事業計画に基づき、市場環境や設備投資のタイミングを見ながら、内部資金の確保や財政状態、利益水準などを総合的に勘案した上で、配当性向30%を目安に期末年1回の配当を実施することを基本方針としている。



2019年12月期について同社は、期初に前期比6円減配の40円配の配当予想を公表した。その時点での予想1株当たり当期純利益は88.00円(前期比39.5%減)となっており、これに基づく配当性向は45.5%だった。弊社では利益の大幅減を反映して配当についても減配を決定したものと推測している。



その後同社は今通期の業績見通しを修正し、現時点では通期の予想1株当たり利益は118.76円(前期比18.4%減)となっている。それに対して配当予想は40円が据え置かれている。修正予想に基づく配当性向は33.7%となっており、同社が目安とする30%を上回っていることから配当予想が据え置かれたものとみられる。



前述のように、同社を取り巻く事業環境は厳しい状況が続いており、同社はそれへの対応を進める最中にある。この点を踏まえれば現時点で配当予想を据え置いているのは妥当な判断と弊社では考えている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る