アエリア Research Memo(8):2019年12月期の1株当たり配当金は未定

■株主還元策



1. 1株当たり配当金

アエリア<3758>は、株主に対する利益還元を経営の重要課題の1つとして認識しているが、企業体質の改善・強化と今後の事業展開を勘案して内部留保の充実を図る考えである。また、内部留保資金の使途については、M&Aを始めとする資本提携や、研究開発、新規事業への投資に使用していく方針である。2018年12月期の剰余金の配当については、継続的な安定配当を基本方針とするが、期中の業績下方修正にも鑑み、1株当たり5円減額の5円(中間配当なし)とした。なお、2019年12月期の1株当たり配当金については、期中に業績を上方修正しているが、現状、未定となっている。





株主優待は人気タイトル「A3!」のQUOカード

2. 株主優待

同社事業への理解を深め、株式を中長期的に保有してもらうことを目的に、同社は例年、株主優待を実施している。対象は、株主優待基準日(例年12月末)時点の株主名簿に記載された株主で、3月下旬頃発送予定の定時株主総会の決議通知に同封することになっている。2018年12月期の株主優待は、人気タイトル「A3!」のQUOカードを、100株以上1,000株未満で300円分、1,000株以上5,000株未満で500円分、5,000株以上10,000株未満で700円分、10,000株以上で1,000円分贈呈することになった。2019年12月期については未定である。





■情報セキュリティ



個人情報に対する守秘義務を遵守

同社グループでは、Webサイト上で一部サービスを利用するに当たり、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報の登録が必要となる。また、クライアント企業が独自に収集した個人情報を、その個人情報提供者の了解のもとで一時的に保有することがある。こうした情報は同社グループにおいて守秘義務があり、個人情報の取扱いについてはデータへのアクセス制限を定めるほか、外部からの侵入防止措置などの対策を施している。なお、AppStoreまたはGooglePlayを通じて販売される同社スマートフォンゲームなどについては、同社は個人情報を取得していない。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る