ブランディングテクノロジー---2Qは売上高が25.65億円、デジタルマーケティング事業で新規大型案件受注

ブランディングテクノロジー<7067>は14日、2020年3月期第2四半期(19年4月-9月)連結決算を発表した。売上高が25.65億円、営業利益が0.61億円、経常利益が0.52億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が0.28億円となった。なお、2019年3月期第2四半期において、四半期連結財務諸表を作成していないため、対前年同四半期増減率は公表していない。



ブランド事業の売上高は7.70億円、セグメント利益は1.63億円となった。オウンドメディア構築及び経営サポートサービス、動画サービス等のコンテンツマーケティングサービスを中心に販売した。また、識学<7049>や福邦銀行との業務連携を行い、サービス提供範囲の拡大を図っている。



デジタルマーケティング事業の売上高は17.29億円、セグメント利益は1.12億円となった。新規顧客からの大型案件の受注により、インターネット広告関連商材が堅調に伸張した。



2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比6.2%増の53.00億円、営業利益が同21.7%増の1.80億円、経常利益が同15.1%増の1.75億円、親会社に帰属する当期純利益が同21.4%増の1.16億円を見込んでいる。


関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る