銘柄名<コード>28日終値⇒前日比

メディパルホールディングス<7459> 2433 -78

公取委が医療用医薬品大手4社に強制調査と伝わる。



ジャパンディスプレイ<6740> 68 -3

着服で解雇の元幹部が不適切会計を告発と。



アルフレッサ ホールディングス<2784> 2332 -87

メディパルと同様に公取委の強制調査を嫌気。



gumi<3903> 710 -27

27日まで6日続伸から戻り売り圧力強まる。



オープンハウス<3288> 2864 -112

引き続き政府方針による海外不動産事業の先行き懸念で。



enish<3667> 643 -32

新アプリのリリース日延期を発表している。



トーセイ<8923> 1369 -51

11月決算末の権利落ちで手仕舞い売り優勢。



東亜建設工業<1885> 1529 -14

リキャップCBの実施を発表で希薄化懸念が優勢に。



ヤマシンフィルタ<6240> 895 -33

SBI証券では中立判断で新規格付けへ。



三桜工<6584> 1353 +60

東証の信用取引規制解除が材料視される。



カイオム・バイオサイエンス<4583> 250 +35

同社のADLibシステムを使用して開発された診断薬キットが販売開始。



ログリー<6579> 2356 +86

「クッキー情報での個人特定防止へ」との報道を受けて一時急伸。



Sansan<4443> 5510 +210

国内証券の新規カバレッジ開始を受けた物色が前日から継続。



シャノン<3976> 1418+33

東京モーターショー2019の来場システムに「SHANON MARKETING PLATFORM」が採用。



トライアイズ<4840> 525 +73

自社株買いと消却の発表を材料視。



タツミ<7268> 517 +80

引き続き自動ブレーキの義務化報道を受けた物色が続く。



セレスポ<9625> 2780 +500

個人投資家中心に業績期待が高まる。



フジタコーポレーション<3370> 1075 -220

「北海道、統合型リゾート誘致断念へ」との報道を受けて急落。



インパクト<6067> 2647 -63

利食いの動きが先行するもプラス転換。



日本一ソフトウェア<3851> 1418 -198

「魔界戦記ディスガイアRPG」の配信を再開したと発表するも売りに押される。