いちご<2337>は10日、同社が開発した「PROPERA」とUSEN-NEXT GROUPのアルメックスが提供する宿泊システム「Wincal」とのシステム連携、運用を開始することを発表した。



「PROPERA」は同社が開発したAIレベニューマネジメント(売上管理)システム。従来からある過去の複数要因の解析手法に加え、新たに予測能力の高い機械学習を実装することで365日先までの状況予測を繰り返し、宿泊施設に最善のダイナミックプライシングを提案する。今回のシステム連携により宿泊施設の運営者は、基幹システムである「Wincal」で集計される客室在庫数や売上データを、「PROPERA」により任意のタイミングで解析することが可能になり、人手を介することなく最善のダイナミックプライシングを実施することができる。