■株主還元策



ジェネレーションパス<3195>では、マザーズ市場においては成長投資優先で、当面は配当を行わない方針である。2020年10月期の業績がどこまで伸長するか現時点では変動要因が大きくて不透明だが、新規EC事業をはじめ、M&Aや事業提携の効果によって飛躍的な拡大が実績として見えてくれば、新たな中長期経営計画などの目標設定が掲げられるだろう。この目標達成が見えてくれば1部上場及び配当実施も実現は近いものと考える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)