■ROE



ギグワークス<2375>の経営効率は、過去3年間に顕著に向上してきた。2016年10月期に8.1%だったROE(自己資本利益率)は、年々上昇し、2019年10月期には14.9%に達した。M&Aも駆使しながら、付加価値の高い事業領域にシフトしてきたことや低粗利案件の適正化に地道に取り組んできた成果が現れた形だ。今後も、子会社合併効果による販管費抑制やプラットフォームの価値向上などが見込まれ、今後もROEは向上することが期待される。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田秀夫)