■業績見通し



2020年12月期の連結業績についてアライドアーキテクツ<6081>は、売上高を前期比10.3%増の4,556百万円、営業利益を101百万円(前期は157百万円の損失)と大幅な増収により、営業黒字転換を見込んでいる。



売上高は、各事業が順調に伸びる見通しである。特に、マーケティング・ソリューション事業及びマーケティング・ソフトウェア事業が堅調に推移するとともに、クロスボーダー事業及びクリエイティブ・プラットフォーム事業の高い伸びにより、2ケタの増収を実現する想定となっている。



また、損益面でも、各事業の伸長や先行投資の一巡等により営業黒字転換を実現。特に、これまで費用が先行していたクリエイティブ・プラットフォーム事業が売上高の伸びや広告宣伝費の削減により利益貢献フェーズへと移行する見通しである。



各事業の活動方針は以下のとおりである。



(1) マーケティング・ソリューション事業

引き合いの強いファンマーケティングを継続的な仕組みや複数のパッケージとして提供することで、顧客単価の拡大や売上高のストック化を図っていく。



(2) マーケティング・ソフトウェア事業

導入事例の増えてきた小売、D2C、外食業界へのソフトウェア販売を加速させる方針である。



(3) クロスボーダー事業

引き続き、主に中華圏に向けて、独自のネットワークやプロダクトを活用したプロモーション支援を実施し、事業拡大に結び付けていく。



(4) クリエイティブ・プラットフォーム事業

既述のとおり、中小企業向け及び中国市場からの撤退により、最も成長への手応えのある欧米企業(中小企業以外)へ経営資源を集中させ、大幅な損益改善と成長加速を図る方針である。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)