白鳩<3192>は19日、2020年2月期の業績予想を修正することを発表。売上高は前回予想比0.5%減の52.51億円、当期純損失は1.38億円と修正した。



売上高及び営業利益、経常利益については、ほぼ前回発表予想通りに推移していたが、繰延税金資産の取崩しをおこなった結果、当期純利益については大幅に下回る結果となった。なお、今回の業績予想の修正に伴い、2019年4月に公表している中期経営計画を見直し、新たな新中期経営計画を策定中としている。