■要約



イグニス<3689>は、スマートフォン向けアプリの企画・運営・販売等を主力としている。「世界にインパクトを与えなければ、気がすまない」という経営理念及び「次のあたりまえを創る。何度でも」というミッションのもと、ゲーム及び非ゲームの領域で独自のポジショニングを確立。ロングセラーであった『ぼくとドラゴン』等の「ゲーム事業」については2020年3月2日に譲渡したが、恋愛・婚活マッチングサービス『with』を主力とする「マッチング事業」が順調に伸びており、収益の柱として育っている。さらに2019年8月にリリースしたバーチャルライブアプリ『INSPIX LIVE』や所属タレント等の自社IPによる音楽ビジネスを展開する「エンターテック事業」も徐々に実績が積み上がってきた。事業環境の変化や事業規模の変化に迅速かつ適切に対応するため、経営管理手法を見直し、報告セグメントを、これまでの「スマートフォンアプリ事業」の単一セグメントから、「マッチング事業」「エンターテック事業」「ゲーム事業」の3区分に変更されている。



2020年9月期第1四半期の業績は、売上高が前年同期比11.4%増の1,496百万円、営業利益が65百万円(前年同期は340百万円の損失)と大幅な増収及び損益改善(営業黒字転換)を実現し、上々の滑り出しとなった。売上高は、引き続き『with』「マッチング事業」の伸びが増収に大きく寄与。また、「エンターテック事業」も費用が先行するフェーズながら、売上高は着実に伸びてきた。損益面でも、『with』の伸びが損益改善に寄与するとともに、『ぼくとドラゴン』「ゲーム事業」による利益貢献も大きかった。一方、「エンターテック事業」は積極的な事業投資により営業損失が継続。したがって、営業黒字転換を実現したものの、利益水準は依然として低い状況となっている。



2020年9月期の業績予想について同社は、売上高を前期比28.2%減の4,000百万円と見込んでいるが、利益予想については現時点で非公表となっている。減収予想となっているのは、ゲーム1タイトルのサービス終了及び2タイトルの譲渡に伴うものである。また、「エンターテック事業」についても、徐々に実績が積み上がってきたものの、年間のライブ公演数・動員数を合理的に見積もることが困難なため現時点では慎重にみているようだ。したがって、売上高予想のほとんどは『with』「マッチング事業」で構成されており、一旦保守的な前提を置いたものとみることができる。一方、損益予想については、「エンターテック事業」等への先行投資に流動的な部分が多いため、現時点で非公表としている。



同社の成長戦略は、積み上げ型となる「マッチング事業」及び爆発力のある「エンターテック事業」のそれぞれに経営資源を集中することでバランスの良い事業ポートフォリオを構築し、成長及び拡大を目指す方向性を描いている。特に、『INSPIX LIVE』の『INSPIX WORLD』への大型アップデートや中国への展開が、新たな市場の創出(開拓)という点において今後の成長性を大きく左右する可能性が高く、その動向を注意深く見守る必要がある。



■Key Points

・事業環境変化等を踏まえ、報告セグメントを「マッチング事業」「エンターテック事業」「ゲーム事業」に変更

・2020年9月期第1四半期は『with』「マッチング事業」の伸び等により大幅な増収及び損益改善(営業黒字転換)を実現

・「エンターテック事業」についても費用が先行する状態が続いているが、徐々に実績が積み上がってきた。

・今後は、積み上げ型となる「マッチング事業」及び爆発力のある「エンターテック事業」による事業ポートフォリオを構築し、成長及び拡大を目指す方向性を描いている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)