■開発パイプラインの動向



オンコリスバイオファーマ<4588>は、がんや重症感染症等の医療ニーズ充足に貢献すべく、ウイルス遺伝子改変技術を活用した新規がん治療薬、新規がん検査薬の開発を行っている。



特にがん領域では、固形がんの局所療法や全身療法として腫瘍溶解ウイルスのテロメライシン、並びに次世代テロメライシン「OBP-702」の開発を進めるとともに、がんの早期発見または術後検査による転移がんの早期発見を目的としたCTC(血中循環がん細胞)検査薬となるテロメスキャンの開発を行っており、がんの早期発見から治療、術後検査、転移がん治療に至るまで、がん治療に関わるプロセスを網羅的にカバーしていることが特徴と言える。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)