牧野フライス<6135>は一時ストップ高と大幅続伸。本日はDMG森精<6141>やオークマ<6103>なども10%以上の株価上昇と、工作機械大手の強い動きが目立っている。前日に日本工作機械工業会は2月の受注確報を発表、受注額は772億円で前年同月比29.6%減、一段と悪化はしたものの、内需中心に比較的底堅かったとの見方も優勢のようだ。ウイルス感染拡大の影響で今後の警戒感は残るが、中国などでは底打ちの可能性も指摘されているようだ。