■テックファームホールディングス<3625>の業績動向



3. 財務状況と経営指標

2020年6月期第2四半期末の財務状況を見ると、資産合計は前期末比929百万円減少の4,951百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現金及び預金が491百万円減少したほか、受取手形及び売掛金が275百万円減少した。固定資産ではのれんが73百万円減少し、投資その他の資産が111百万円増加した。



負債合計は前期末比518百万円減少の1,383百万円となった。流動負債において買掛金が100百万円、未払法人税等が95百万円、流動負債その他が274百万円それぞれ減少したことによる。有利子負債については8百万円の増加となった。また、純資産合計は前期末比411百万円減少の3,567百万円となった。自己株式が216百万円増加(減少要因)したほか、資本剰余金が90百万円、非支配株主持分が53百万円それぞれ減少したことによる。



経営指標を見ると、自己資本比率は前期末比4.8ポイント上昇の69.4%となった。自己株式取得等によりを株主資本が減少したものの、負債がそれ以上に減少したことが要因となっている。有利子負債比率については前期末比1.9ポイント上昇したものの、17.2%と水準そのものは低く、財務内容は良好と判断される。また、同社は今後の更なる事業拡大と企業価値向上に向けて、M&Aを含めた積極的な投資を推進していく戦略で、必要となる資金については金融機関からの借入等で賄っていく方針を示している。2019年6月に発行した無担保社債(私募債)5億円に加えて、複数の金融機関と総額15億円のコミットメントライン契約及び当座貸越契約を既に締結済みで、これらの資金調達枠を活用することで機動的に投資を実行していくことにしている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)