銘柄名<コード>30日終値⇒前日比

大幸薬品<4574> 1661 -127

25日線も割り込んで見切り売りが優勢に。



栄研化学<4549> 1883 -132

決算発表を受けて短期的な出尽くし感が優勢。



東洋水産<2875> 5160 -330

山パンの決算受けてコンビニ向けの失速懸念など意識か。



ウエルシアホールディングス<3141> 7760 -460

高値圏で利食い売りが集まる形にも。



カプコン<9697> 3295 -135

上値の重さ意識で処分売りが優勢に。



スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684> 4405 -220

本日はゲーム関連からも資金流出へ。



神戸物産<3038> 5180 -190

高値圏でリバランス売り圧力も強まるか。



ライオン<4912> 2251 -91

小林製薬の決算後の株価下落もマイナス視か。



ソフトバンクグループ<9984> 4633 +23

最終赤字拡大発表も目先の悪材料出尽くし感。



キーエンス<6861> 38770 +200

決算サプライズなく利食い売りの契機にも。



オリエンタルランド<4661> 13680 -605

決算発表も、緊急事態宣言延長観測などで先行き懸念拭えず。



ファナック<6954> 17830 +950

JPモルガン証券では投資判断を格上げ。



リクルートホールディングス<6098> 3182 +230

直近ではJPモルガン証券が投資判断を格上げ。



信越化学工業<4063> 12015 +315

堅調な業績推移を確認で買い安心感が優勢に。



NTTドコモ<9437> 3148 -147

決算はノーサプライズ、自社株買い期待などはあったか。



広栄化学工業<4367> 2226+400

新型コロナウイルス治療薬の原材料供給について発表。



サイオス<3744> 537+80

第1四半期営業利益は通期計画を超過。



ダイトーケミックス<4366> 453 +80

業績予想の上方修正を発表している。



UUUM<3990> 2397+400

吉本興業のMCN運営権の一部譲受および業務提携について発表。



AppBank<6177> 218 +30

UUUMの動向受けて思惑的な物色との見方も。



プロパティデータバンク<4389> 922 +53

21年3月期の通期営業利益見通しは前期比16.4%増の3.70億円。

中計策定の他、新規クラウドサービス「@ナレッジ」の提供開始なども支援材料。



Aiming<3911> 505 +80

非開示だった上期予想を開示、

最終損失は3.77億円(前年同期は4.69億円)と赤字縮小。



アンジェス<4563> 1489 +280

短期資金の関心が引き続き強い。



環境管理<4657> 519 -43

業績評価で直近急伸した反動。



ホロン<7748> 5980 +640

SOX指数の上昇などで半導体関連の上げが目立つ。



ブロードバンドタワー<3776> 199 +8

「スーパーテレワーク・コンソーシアム」設立に向け基本合意へ。



NexTone<7094> 6060 +670

同社など直近IPO銘柄の一角への関心続く。



Jストリーム<4308> 1850 +141

NHKエンタープライズ、ソシオネクストと共同で5G回線を用いて、

8Kライブ映像を送出・配信し、5Gスマートフォンで再生する実証実験を実施と発表。