アクセスグループ・ホールディングス<7042>は4月23日、子会社のアクセスプログレスが、位置情報を活用したDSPサービスの販売を開始したことを発表。



位置情報を活用し、特定エリアやスポットに行った人がスマートフォンで閲覧するWebメディアの広告枠に、その人に適した情報を配信するというもの。



アクセスプログレスが手掛けるダイレクトメールやサンプリングなどのプロモーション事業と、DSPサービスを複合的に組み合わせることができるため、広告の訴求力と費用対効果の向上を図るとしている。