ODKソリューションズ<3839>は4月30日、2020年〜2022年度における経営目標、数値目標を盛り込んだ中期経営計画を決定したことを発表。同社は経営環境の変化等に適切に対応するため、中期経営計画を毎年度改訂するローリング方式を採用している。



基本方針は「データビジネスによる新たな価値の創造」とし、基本戦略は「各事業領域における提供サービスの拡充、保有するデータ量・種類の拡大」としている。



昨年度まで掲げていた基本戦略から大きく変更されており、データビジネスへ本格進出することが感じとれる。



経営目標(単体)としては、売上高は70.00億円、経常利益は7.00億円、配当は年10円の安定配当を堅持するとしている。また、2020年度の事業計画の重点課題としては、「アライアンス・M&Aの推進」「UCARO関連サービスの拡充」「事業横断サービスの開発」の3つを掲げている。