銘柄名<コード>7日終値⇒前日比

ディ・アイ・システム<4421> 1201 +150

テレワーク推進サービスの提供開始。



丸紅<8002> 465.7 -39.0

前期最終は1974億円の赤字に、今期配当は前期比20円減を予想。



SEMITEC<6626> 2480 +179

同社の「赤外線温度センサ サーモパイル10TP583T」が需要拡大と発表。



SHINPO<5903> 1072 -36

20年6月期業績予想を下方修正。



だいこう証券ビジネス<8692> 901+150

引き続き野村総研によるTOB価格にサヤ寄せの動き。



電算システム<3630> 3090+500

第1四半期は想定以上の大幅増益決算に。



アイロムグループ<2372> 2042 +400

ワクチン開発など新型コロナ関連が総じて上昇。



新日本科学<2395> 726 +100

ワクチン開発への期待感が継続へ。



モバイルファクトリー<3912> 1050 +94

特に材料見当たらないが出遅れ感など意識か。



RPAホールディングス<6572> 810 +67

「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金申請書」手続き業務支援開始。



大幸薬品<4574> 1870 +167

ウイルス対策関連として関心が続く。



野村不動産ホールディングス<3231> 1817 +106

配当据え置き計画などで安心感、ゴールドマン・サックス証券は格上げ。



テラスカイ<3915> 2736 +229

量子コンピュータ関連としての関心も。



アイスタイル<3660> 274 +25

買い戻しの動きが継続する形か。



フューチャー<4722> 1794 +246

引き続きウイルスワクチン共同開発参画を材料視。



タカラバイオ<4974> 2740 +219

PCR検査キット関連として注目続く。



ジャストシステム<4686> 7170 +570

オンライン学習関連として関心が続く。



科研製薬<4521> 6160 +330

経済財政相がイベルメクチン研究・治験を後押しと伝わる。



三谷産業<8285> 403 +26

アビガン関連として期待再燃の動きにも。



ディー・エヌ・エー<2432> 1331 +85

本日決算発表を控えているが。



石川製作所<6208> 1553 -152

金正恩氏の生存報道を受けて地政学リスク低下へ。



豊和工業<6203> 786 -76

石川製作所と同様に防衛関連には利食い売り。



千趣会<8165> 327 -34

第1四半期は想定以上の赤字決算に。



ペッパーフードサービス<3053> 423 -40

バランスシートリスクなど本日は全般強まる状況で。



みらかホールディングス<4544> 2555 -141

先週の株価急伸の反動から戻り売りが優勢。



日本航空<9201> 1747.5 -130

航空業界には引き続きウイルス被害の大きさを警戒視。



アダストリア<2685> 1470 -75

月次発表など接近も警戒視か。