オークワ<8217>は伸び悩んで大幅反落。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は20.1億円と黒字転換、前年同期比20.3億円の損益改善に。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う内食需要の高まりが売上高を押し上げた。つれて、上半期営業利益は従来の11.7億円から30億円に、通期では37億円から44.5億円に上方修正。ただ、月次動向から売上高の足元急拡大は織り込み済み、株価もコロナショック前を上回る水準にあるため、目先の出尽くし感が先行している。