ティーケーピー<3479>は、子会社の日本リージャスホールディングスが、愛知県安城市に「リージャスサンテラス三河安城ビジネスセンター」を7月1日にオープンすることを発表。

東海道新幹線と東海道本線が乗り入れる交通至便の三河安城駅至近の立地の新築ビルサンテラス三河安城ビル6階にてレンタルオフィスサービスを展開する。

名古屋市以外の愛知エリアにおいて刈谷市の「オープンオフィス刈谷」、豊田市の

「オープンオフィス豊田」を開設しているが、オフィス物件が品薄で、オフィスの空室は稀少性が高く、企業の高まるオフィスニーズを捉えていく考え。



1名から活用できる個室タイプのオフィスから10名以上のシェアオフィス、コワーキングスペースまで多彩なオフィス環境を提供していく。また、昨今のビジネス環境の変化を考慮し、リスクマネジメントの観点からオフィスの分散化、再構築を進める企業のオフィス物件ニーズへも、愛知県内16拠点、全国 170 拠点以上のローケ—ションとの組み合わせることによって応えていく。