■会社概要



TDCソフト<4687>は、金融業界のITソリューションに強みを持つ、独立系システムインテグレータである。銀行、クレジット、保険などの金融ITソリューションが売上の5割強を占める。その他は、製造業や流通、公共向けの公共法人ITソリューションが2割を占めている。また業種や顧客を問わずITインフラ構築やネットワークインテグレーションなどを提供するインフラ・ネットワークソリューションや、自社開発のクラウドアプリケーションなどを提供するパッケージソリューションがそれぞれ1割を占める。



2016年には生保業向けシステム開発に強みのある(株)マイソフト(現TDCフューテック(株))を子会社化し、2019年にはセキュアで高速・大容量なIoTプラットフォームを提供する(株)LTE-Xとローカル5G分野での サービス提供に向けた資本・業務提携を締結した。2020年2月にはSAPシステムのコンサルティング及びシステム開発に強みを持つ(株)八木ビジネスコンサルタント(YBC)を子会社化し事業領域を拡大した。



また、パッケージソフトウェアも販売しており、クラウド型のシステム開発ツール「Trustpro(トラストプロ)」や、ストレスチェック支援ソリューション「M-Check+」やクラウド型EDIサービス「Meeepa」、クラウド型ワークフローシステム「Styleflow」などの自社製品や、インフォマティカの「PowerCenter」、NTTアドバンステクノロジ(株)の「WinActor」など他社ソフトの導入も行う。PMP(プロジェクトマネジメントに関する知識や理解度を測ることを目的とした、米国非営利団体PMIが認定する資格試験)取得を社員に推奨しており、確かなプロジェクトマネジメント能力における信頼性が強みである。



(執筆:フィスコアナリスト 村瀬智一)