リソー教育<4714>は9日、2021年2月期第1四半期(20年3月-5月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比21.2%減の41.65億円、営業損失が13.16億円(前年同期は2.33億円の損失)、経常損失が13.18億円(同2.35億円の損失)、親会社株主に帰属する四半期純損失が10.36億円(同2.06億円の損失)となった。



TOMAS(トーマス)(学習塾事業部門)の売上高は前年同期比13.1%減の21.84億円となった。完全1対1の進学個別指導による高品質な教育サービスを提供してきているが、各校舎の休校等の影響があった。



名門会(家庭教師派遣教育事業部門)の売上高は前年同期比8.5%減の9.14億円となった。100%プロ社会人講師による教育指導サービスの提供に加え、全国区へ事業展開を図っている。当第1四半期連結会計期間は、TOMEIKAI名古屋御器所校(愛知県)を新規開校、名門会藤沢駅前校(神奈川県)を移転リニューアルした。



伸芽会(幼児教育事業部門)の売上高は前年同期比23.4%減の8.24億円となった。名門幼稚園・名門小学校受験業界でトップクラスの合格実績を誇る既存事業「伸芽会」に加え、受験対応型の長時間英才託児事業「伸芽’Sクラブ(しんが〜ずくらぶ)」の2つのブランドの充実を図っているが、各教室の休校等の影響があった。



スクールTOMAS(学校内個別指導事業部門)の売上高は前年同期比36.4%減の1.82億円となった。学校内個別指導塾「スクールTOMAS」の営業展開を推し進めているが、各学校の休校等の影響があった。



プラスワン教育(人格情操合宿教育事業部門)の売上高は前年同期比85.6%減の0.58億円となった。情操分野を育む多彩な体験学習サービスの提供を行っているが、自粛等の影響があった。



2021年2月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比1.1%増の270.00億円を見込んでいる。現段階で合理的な業績予想の算定を行うことが困難なことから、売上高のみ公表している。