■事業概要



1. 事業内容

アクセル<6730>は遊技機器(パチンコ、パチスロ)に搭載される液晶ディスプレイの画像を創り出すグラフィックスLSIで市場シェアの約50%を握るトップメーカー。製造は外部に委託するファブレス企業で、研究開発・販売に特化している。全体の売上高に占める遊技機器向けグラフィックスLSIの比率は2020年3月期で約30%だが、利益に関しては過半を同LSIで稼ぎ出しているものと見られる。その他の製品では、遊技機器向けのメモリモジュール、LEDドライバのほか、建設機械や医療機器など組込み機器向けグラフィックスLSIの開発・販売を行っている。



また、新規事業の育成に取り組むため、2019年5月にミドルソフトウェア製品やAI関連の事業を推進するax(株)を子会社として設立した。また、axによって同年6月にソフトウェア開発を行うbitcraft(株)、同年8月に画像認識・処理技術の開発を行うモーションポートレート(株)を相次いで完全子会社化している(bitcraftについては同年10月にaxが吸収合併)。2020年3月末時点における連結子会社はax、モーションポートレートの2社となっており、そのほかに2018年に子会社化(非連結対象)したブロックチェーン開発支援を行う(株)VIPPOOLを有している。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)