インタースペース<2122>は11日、2020年9月期第3四半期(2019年10月-2020年6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.3%減の192.62億円、営業利益が同49.0%減の4.45億円、経常利益が同50.7%減の4.36億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同54.5%減の2.43億円となった。



インターネット広告事業の売上高は前年同期比15.4%減の184.44億円、セグメント利益は同26.4%減の6.37億円となった。主力のアフィリエイトサービス「アクセストレード」では、再成長に向けて、新たなナショナルクライアントおよびグローバルクライアントの獲得に取り組んだ。カテゴリ別では、コロナウイルス感染症に端を発した巣ごもり消費が急伸した影響もあり、ECカテゴリのデリバリーサービスや食料品案件が好調に推移した。一方でエステなどの店舗関連の広告は営業自粛の影響による落ち込みがみられた。また、店舗向けアフィリエイトサービス「ストアフロントアフィリエイト」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策による影響で、店頭での受付業務が縮小するなど厳しい状況が続いているが、ストック型商材での獲得に集中し、中長期的な収益基盤の強化に取り組んだ。海外事業では、新型コロナウイルスによる営業活動の制限はあるが、大手EC事業者や金融カテゴリの獲得と現地メディアパートナーの新規開拓に注力した。海外向け登録パートナー数は約50万サイトとなり大きく伸長している。



メディア運営事業の売上高は同30.9%増の10.73億円、セグメント損失は1.92億円(前年同期は0.06億円の利益)となった。主力の「ママスタジアム」では、動画広告案件などが好調に推移したほか、同サイト内で配信する記事コンテンツの閲覧数が大幅に増加し、月間平均の利用者数が約930万人、コンテンツの閲覧数は2億PVを突破し、収益に寄与した。一方で全社戦略として掲げる「メディア事業の強化」を推進するため、新たなメディア開発やコンテンツへの投資を継続し、中長期の利益基盤の構築に取り組むとしている。



2020年9月期通期については、同日、業績予想の上方修正を発表した。売上高が前期比8.9%減(前回予想比3.7%減)の260.00億円、営業利益が同40.7%減(同30.0%増)の5.20億円、経常利益が同41.6%減(同30.0%増)の5.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同26.0%減(26.9%増)の3.30億円としている。