あさひ<3333>



2021年2月期の業績予想の修正を発表。経常利益は従来の44.1億円から61.7億円に上方修正している。新型コロナウイルス感染症の収束時期が見通せず、今期中は影響が継続するものと考えており、足元の状況が好調であることから予想を上回ると見込んでいる。株価は足元でリバウンド一服も25日線が支持線として意識されている。





TIS<3626>



8月にマドを空けての下落となり、その後は調整トレンドが継続しているが、ここにきてリバウンド基調を見せてきている。足元では200日線を突破し、同線が支持線として意識されてきている。一目均衡表では雲下限での攻防をみせているが、薄い雲でもあるため雲突破のハードルは低く、一気にシグナルが好転してくる可能性がありそうだ。