銘柄名<コード>2日終値⇒前日比

KDDI<9433> 2977.5 -21.5

「主力ブランドから格安ブランドへの移行にかかる手数料について撤廃も視野」

との報道が嫌気される。



ラクーンHD<3031> 1865 -99

好決算発表後の出尽くし感からの売りが続く。



キッコーマン<2801> 6730 -40

持続的な成長評価も割高感強いとの見方から国内大手証券が投資判断「売り」継続。



楽天<4755> 1143 +13

大手携帯各社による主力ブランド値下げ報道で競争激化懸念高まるも、

下げ渋って戻す。



ショーケース<3909> 1050 +150

AI insideとの資本業務提携発表を引き続き好感。



ロック・フィールド<2910> 1620 +157

上半期上振れ着地で通期予想を上方修正。



Orchestra Holdings<6533> 2934 +334

特に材料は観測されないが高値更新での値幅取り妙味も。



eBASE<3835> 1116 +50

出遅れ感からのリバウンドが続く形に。



フジクラ<5803> 452 +31

モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格上げ。



キャリアリンク<6070> 2198 +178

10月高値更新で買い戻しの動きが引き続き優勢。



THEグローバル社<3271> 329 +37

10月高値更新で上値妙味も高まる。



アサンテ<6073> 1347 +80

売出価格決定で買い戻しも。



スタンレー電気<6923> 3310 +130

米系証券では投資判断を格上げのもよう。



アスクル<2678> 4390 +210

11月の月次動向を高評価へ。



丸文<7537> 518 +18

ステトミー社との日本総代理店契約締結を好感。



レノバ<9519> 2766 +116

再生エネルギー関連の代表格として関心が続く。



東京ドーム<9681> 1440 +90

TOB価格の引き上げ思惑が続く。



ケーズHD<8282> 1299 +48

11月の月次動向が買い材料視される。



グリムス<3150> 2158 -151

1部上場好感の動きに一巡感で。



神戸物産<3038> 3425 -205

8月の高値更新で達成感、利食い売り集まる。



モリテックスチール<5986> 469  0

30日の長い上ヒゲで達成感も。