■会社概要



1. 会社概要

シナネンホールディングス<8132>は、各種燃料や石油製品などを販売する燃料卸売業者の大手である。エネルギー流通の業界は競争が激しく、再生可能エネルギーなど新たなアプローチが求められているが、生活に必要不可欠な業界である。同社はそのような業界で、資本効率の改善、持続的な成長投資、企業風土の変革によって、時代の変化に応えるグローバル総合エネルギーサービス企業グループへの進化を目指している。



2. 沿革

同社は、1927年に朝鮮平壌無煙炭の販売を目的に合資会社電興無煙炭商会として創業、1934年には豆炭の製造販売及び豆炭燃焼器具販売を目的に品川豆炭株式会社として設立された。その後、煉炭の製造販売、石炭の販売業務及び煉炭燃焼器具販売と業容を拡大、1953年には灯油・ガソリン・重油・軽油など石油製品と石油製品関連器具、1955年にLPガスとLPガス関連器具の販売を開始した。2000年以降、地方に広がったLPガスの販売拠点などを再編、2015年には社内の組織体制を再編して持株会社体制に移行、現社名へと変更した。このように同社の歴史は変革と拡張の繰り返しのなかにあるが、現在も2027年の創業100周年へ向け、変革によって既存事業の効率化を、多角化によって再生可能エネルギー事業の開発や非エネルギー分野の拡張を進め、収益力向上や持続的成長につなげている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)