8日の香港市場概況:ハンセン0.6%高と3日続伸、吉利汽車は6.0%上昇

8日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数は前日比164.55ポイント(0.59%)高の27854.91ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が25.38ポイント(0.23%)高の11079.79ポイントとそろって3日続伸した。ハンセン指数は約2年2カ月ぶりの高値水準を切り上げている。売買代金は971億8000万香港ドルに拡大した(7日の売買代金は802億3100万香港ドル)。



米株高などが買い安心感を誘う。昨夜の米株市場では、主要指標のNYダウが9日続けて史上最高値を更新した。人民元高の進行もプラス。この日の上海外国為替市場では、人民元買い(米ドル売り)の動きが加速し、約10カ月ぶりの元高水準に達した。安く推移していた本土株が続伸で取引を終えるなか、香港の各指数も引けにかけて上げ幅を広げた。なお、取引時間中に発表された今年7月の貿易統計は、輸出と輸入の伸びがそろって予想を下回ったものの、嫌気する売りは限定的となっている。



ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が6.0%高と上げが目立つ。同社が7日公表した7月の新車販売台数によると、前年同月比で88%増と高成長が持続した。ハンセン銘柄以外の自動車株も軒並み上昇している。ITハイテク関連株もしっかり。インターネットサービス中国最大手の騰訊HD(テンセント・ホールディングス:700/HK)が2.5%高の328.60香港ドルと続伸し、連日で上場来高値を更新。小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が1.6%高で引けている。昨夜の米株市場で、アップルや阿里巴巴集団(アリババ・グループ・ホールディング)などハイテク関連株が上昇した流れを継いだ。



半導体セクターも買われる。ICパッケージング・テスティング機器最大手のASMパシフィック・テクノロジー(522/HK)が4.8%高、香港ファブレスICメーカーの晶門科技(ソロモン・システック:2878/HK)が4.4%高、ICファウンドリー中国大手の中芯国際集成電路製造(SMIC:981/HK)が3.6%高、ICファウンドリー中国大手の華虹半導体(ファホンセミコンダクター:1347/HK)が1.3%高と値を上げた。



中国の不動産セクターも高い。広州富力地産(2777/HK)が6.4%、中国恒大集団(3333/HK)が4.3%、雅居楽集団HD(3383/HK)が2.0%、碧桂園HD(2007/HK)が1.9%、中国海外発展(688/HK)が1.5%ずつ上昇した。



本土市場は小幅に続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.07%高の3281.87ポイントで取引を終えた。金融株が相場をけん引。ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、海運株なども買われた。



【亜州IR】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索