15日の中国本土市場概況:上海総合0.8%安と続落、資源・素材セクターさえない

15日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比26.30ポイント(0.80%)安の3266.14ポイントと続落した。上海A株指数も下落し、27.63ポイント(0.80%)安の3420.53ポイントで取引を終えている。



中国の金利高を警戒。中国人民銀行(中央銀行)は14日、中期流動性ファシリティ(MLF)とリバースレポの金利を引き上げた。上海銀行間取引金利(SHIBOR)の上昇基調は止まらず、3カ月物はこの日、約2年8カ月ぶりの高い水準を切り上げている。金融政策を巡っては、週明け18〜20日に「中央経済工作会議」が開催される見通し。金融デレバレッジ(負債圧縮)の強化などがその場で打ち出される??との観測がある。



業種別では、景気動向に敏感な素材株の下げが目立つ。中国中煤能源(601898/SH)が1.4%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が3.0%安、洛陽モリブデン(603993/SH)が2.9%安、華新水泥(ファシン・セメント:900933/SH)が5.3%安で引けた。前日公表された11月の経済指標低迷を背景に、中国景気の鈍化懸念が広がっている。不動産株も安い。金利高のデメリットが意識された。そのほか、ITハイテク関連株やバイオ医薬関連株、金融株、自動車株、運輸株、インフラ関連株など幅広く売られている。



一方、河北省での「雄安新区」設立に絡み同地や北京、天津などに事業拠点を置く銘柄群が逆行高。送配電機器の保定天威保変電気(600550/SH)が3.1%、下水処理の天津創業環保集団(600874/SH)が2.2%、インフラ・公共設備運営の北京首創(600008/SH)が1.5%ずつ値を上げた。同新区のインフラ整備は始まったばかり。18年度は開発投資が加速する見込みだ。



外貨建てB株相場は値下がり。上海B株指数が0.10ポイント(0.03%)安の336.65ポイント、深センB株指数が10.74ポイント(0.93%)安の1146.25ポイントで終了した。



【亜州IR】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索