17日の香港市場概況:ハンセン0.3%高で続伸、最高値更新

17日の香港市場は値上がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比78.66ポイント(0.25%)高の31983.41ポイントと続伸し、本土企業株で構成されるH株指数は81.50ポイント(0.64%)高の12868.78ポイントと14日続伸した。ハンセン指数は終値ベースの史上最高値を連日で更新し、07年10月30日に付けたザラバ高値(31958.41ポイント)も切り上げている。売買代金は1782億5500万香港ドルと高水準が続いた(16日は1646億2900万香港ドル)。



中国景気の先行きに対する期待感が強まる。あす18日に公表される2017年の国内総生産(GDP)成長率に関しては、政府目標(6.5%前後)を上回る6.8%で着地するとみられている。また、李克強首相は今月10日、GDP成長率が6.9%前後になったとの見通しを示した。本土資金の流入もプラス。中国・香港株式市場の相互接続制度を通じた取引では、本土投資家による香港株の買い越しが足元で続いている。



ハンセン指数の構成銘柄では、乳製品メーカー中国大手の中国蒙牛乳業(2319/HK)が5.5%高、生命保険事業で中国最大手の中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が2.8%高、取引所運営の香港交易所(香港証券取引所:388/HK)が2.5%高と上げが目立った。香港交易所に関しては、このところの商い拡大による手数料収入増の期待が高まっている。同社株は295.60香港ドルで取引を終え、15年5月に付けた上場来高値(291.336香港ドル)を突破した。香港交易所の李小加CEOは16日、「今年はA株派生商品の上場に注力する」と発言している。



これを受けて中国証券セクターが高い。中信証券(6030/HK)が8.1%、中国銀河証券(6881/HK)が5.9%、海通証券(6837/HK)が4.4%、華泰証券(6886/HK)が3.2%、広発証券(1776/HK)が2.2%ずつ上昇した。手数料収入などの増加が意識されている。



半面、エネルギー関連セクターはさえない。石油大手3社の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)と中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)がそろって1.4%安、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が1.2%安で引けた。昨夜のWTI原油先物安が売り材料視されている。



他の個別株動向では、不動産デベロッパー大手の碧桂園HD(2007/HK)が5.5%安と急落。新株とCBの発行により、正味233億香港ドル(約3300億円)を調達すると発表したことが嫌気された。株式需給の悪化、1株利益の希薄化などが意識されている。



本土市場は続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比0.24%高の3444.67ポイントで取引を終えた。銀行・証券セクターが相場をけん引。自動車株、エネルギー関連株、ゼネコン株、公益株なども買われている。



【亜州IR】

関連記事

FISCO 株・企業報の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索