吉野復興相に抱負語る 小名浜高生 9日、東京で演劇公演

吉野復興相に抱負語る 小名浜高生 9日、東京で演劇公演

 いわき市の小名浜高が展開する「小名高シアター震災復興支援プロジェクト」のメンバーは8日、吉野正芳復興相(衆院本県5区)を表敬訪問した。9日に東京で催す演劇公演で県内の現状を発信し、風評払拭(ふっしょく)に努めることを誓った。 生徒22人が星栄一校長らと復興庁を訪れた。演劇部長の伊沢舞さん(3年)らがプロジェクトの概要や東京公演の内容を紹介し、生徒が作った缶バッジやストラップを贈呈した。 吉野氏は「元気がなければ復興できない。皆さんは元気を与えてくれる。期待している」と激励した。 東京公演は調布市の市せんがわ劇場で催す。演目は「3人家族2017」で、東日本大震災を経験したいわき市の高校生や周囲の人々の思いを表現する。劇終了後には、舞台上で県内の復興状況や観光名所を紹介する。入場無料。午後2時からと同6時半からの2回行う。 プロジェクトのメンバーは福島民報社の「ふくしま復興特別大使」に委嘱されている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索