第2回ふくしま産業賞受賞企業・団体初のセミナー 福島

 第2回ふくしま経済・産業・ものづくり賞(ふくしま産業賞)を受けた企業・団体による初のセミナーは10日、福島市のザ・セレクトン福島で開かれた。19社・団体の代表者が情報発信力を高め、業種を超えて連携する重要性を改めて認識した。 発起人を代表し、知事賞を受賞した斎栄織物(川俣町)の斎藤泰行社長が「受賞企業同士のコラボレーションを生み、福島の産業の再生に寄与したい」とあいさつ。各企業・団体の代表者が商品やサービスの特徴、今後の事業展開などを発表した。 福島民報社の鞍田炎編集局長、ふくしま産業賞選考委員を務める福島大地域創造支援センターの西川和明客員教授が講演した。 交流会も開かれ、効果的な情報発信や連携の在り方について活発に意見を交わした。福島民報社から高橋雅行社長らが出席した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索