震災の犠牲者追悼 相馬双葉漁協が流灯会

震災の犠牲者追悼 相馬双葉漁協が流灯会

 海で命を失った人たちを供養する相馬双葉漁協の流灯会は10日、相馬市の松川浦漁港で開かれ、参列者が鎮魂の祈りをささげた。 海上遭難者らの供養のため毎年夏に実施している。東日本大震災後は津波犠牲者も慰霊している。 法要で立谷寛治組合長、立谷秀清市長らが焼香した。灯籠300基が漁船3隻に積まれ、組合員らの手で港湾内の海面に放たれた。参列者は静かに手を合わせた。 立谷組合長は「一日も早く本格操業ができるよう組合員の力を合わせていきたい」と話していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索