常磐線Jヴィレッジ近くに新駅前 双葉町村会と県に方針

 2019(平成31)年4月に全面再開予定のサッカー施設「Jヴィレッジ」(楢葉・広野町)近くにJR常磐線の新駅を設置する構想について、JR東日本は14日、双葉地方町村会と県に対し、前向きに検討する方針を明らかにした。 水戸市のJR東日本水戸支社で町村会長の松本幸英楢葉町長、鈴木正晃副知事、本多明広野町副町長、輿石逸樹水戸支社長が非公開で会談した。町村会と県はJヴィレッジを中核とした地域振興には首都圏などからの誘客、交通アクセスの強化が不可欠として新駅の設置を求めた。 松本会長は会談後、報道陣の取材に対し「(輿石支社長は)前向きに検討させていただく、ということだった」と明かし、「われわれの気持ちを酌んでいただいたという感触はある」と強調した。鈴木副知事は「今日をもって(JR東日本が)社を挙げて検討を始める」と説明した。 今後、JR東日本を交え新駅の場所や設置方法、費用負担などに関する具体的な協議が本格化するとみられる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索