14日に都道府県女子駅伝

 第36回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会は14日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場をスタート・フィニッシュとする9区間42・195キロのコースで開かれる。スタートは午後0時30分。 前回大会17位の本県は13人がエントリーしている。ふるさと選手は小沢夏美(日立、田村高出身)と田辺美咲(三井住友海上、田村高出身)で、小沢が主将を務める。唯一の大学生の渡辺唯(国士舘大1年、田村高出身)を加えた3人がチームを引っ張る。 高校生は12月の全国高校駅伝競走大会に出場した学法石川の古寺冴佳(3年)と水沼梨香子(2年)、南條凪沙(2年)、赤間陽菜(1年)のほか、門馬琴実(田村3年)、鈴木葵(福島明成3年)、佐藤華ルイーズ(いわき秀英1年)が名を連ねた。 中学生は小松和(植田東3年)、橋本暖亜(富田2年)、小島さくら(若松一2年)が選ばれた。強化育成選手として大河原萌花(矢吹2年)が同行する。 開会式は13日午後3時45分から京都市のロームシアター京都で行われる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索