東日本国際大が準々決勝進出 全日本大学野球 14日、慶大戦

東日本国際大が準々決勝進出 全日本大学野球 14日、慶大戦

 第67回全日本大学野球選手権大会は13日、東京都の神宮球場と東京ドームで2回戦合わせて6試合を行った。2年ぶり13度目の出場の東日本国際大(南東北)は神宮球場の第2試合で京都学園大(京都滋賀)と対戦し、2−0で勝利した。2008(平成20)年以来10年ぶりのベスト8に進出した。  東日本国際大は14日、神宮球場で午前11時30分から開始予定の準々決勝で慶大(東京六大学)と対戦する。  そのほかの準々決勝は東北福祉大(仙台六大学)−白鳳大(関甲新)、国際武道大(千葉)−徳山大(中国)、九産大(福岡六大学)−宮崎産業経営大(九州南部)の顔合わせとなった。  ◇神宮球場▽2回戦 京都学園大 000000000−000110000×−2東日本国際大 (京)高木、森、小山、足立、川瀬−橋本 (東)粟津−浅賀 ▽三塁打=萌抜(京)片岡(東)▽二塁打=橋本、萌抜(京)青木2(東)▽盗塁=京1、東0▽失策=京0、東0 (球)玉置(塁)黒沢、長橋、串田 ▽試合時間=1時間48分  【評】着実に得点した東日大が京学大を下した。東日大は三回、2死二塁から青木の中越え二塁打で先制。四回には1死三塁から斎田がスクイズを決め、1点を追加した。先発粟津は9安打を浴びながらも要所を締め京学大打線を完封した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索