会津坂下町の新春の伝統行事「坂下初市・奇祭大俵引き」は十四日、町役場前で行われ、下帯に足袋、鉢巻き姿の男衆が東西に分かれて大俵を引き合った。令和最初の対決は西が二勝一敗で勝ち、豊作との神託を得た。

 全国から約百十人の引き子が集まった。神事に続き、高さ二・五メートル、長さ四メートル、重さ五トンの大俵を三本勝負で力いっぱい引いた。大勢の観客が沿道から声援を送った。

 大俵引きは五穀豊穣(ほうじょう)を願う行事で約四百年前に始まったとされる。東が勝つと米価が上がり、西が勝つと豊作になるといわれている。