西会津町の田舎暮らし体験ができる移住お試し住宅「Otame(おため)」の内装が一新され二十一日、内覧会が開かれた。四月一日にリニューアルオープンする。

 町の指定管理者「一般社団法人BOOT(ブット)」が管理・運営している。これまでは移住希望者に限定していたが、今後は町内で起業を希望する人なども利用可能にした。

 二階に三部屋を新設し和洋室合わせて四室になった。ワークスペース、木の温もりを感じる台所、リビングを含めて5LDKに充実し、快適さを向上させた。備え付けの家具や家電などは町内のリサイクル品を利用している。

 滞在中は町民との交流や農作業などが体験でき、町内での仕事探しのサポートをする。滞在期間は最短で一週間、最長は一カ月。料金はプログラム料一万五千円。

 見学した住民は「利用者が増え移住定住につながれば町内も活気づく」と期待した。