東京電力福島第一原発で増え続けている放射性物質トリチウムを含んだ処理水の処分を巡り、政府は二十三日、葛尾村議会全員協議会で、大気への水蒸気放出と海洋放出が現実的とする政府小委員会からの提言内容を説明した。議員からは「漁業や農業に影響が出る。風評被害対策や安全対策の具体案を示してほしい」との声が上がった。

 非公開で、出席した議員によると、トリチウムについて「国内では普段、平常運転の原発から放出しているというが、事故後の原発から流すのは訳が違う」と懸念する意見が出た。判断材料に乏しく、現段階で賛否は示せないとの意見で一致した。

 吉田義則議長は終了後、福島民報社の取材に「原発事故で被害を受けている住民に追い打ちをかけ、復興に水を差すようなことはあってはならない」と述べ、福島県だけでなく全国的な議論とするよう求めた。