二〇一九年度の「全国蒲鉾(かまぼこ)品評会」の結果が二十三日までに発表され、いわき市のかまぼこメーカー「貴千」の板かまぼこ「魚さし」が、むしやき・焼抜ものの部で、最高賞の農林水産大臣賞に輝いた。品評会を主催する日本かまぼこ協会によると、福島県からの最高賞受賞は初めて。

 ちくわや揚げ物など計八部門に全国から約七百五十点の出品があった。今月九日に東京都内で大学教授ら専門家が味や形状、歯応えなどを審査した。

 品評会では同社の「さんまのぽーぽー揚げせんべい」も特別賞に選ばれた。小松唯稔(ただとし)専務(43)は「栄誉ある賞を頂いたことに感謝したい。今後も魚介類のおいしさを伝えられる食品を作り続けていきたい」と話した。

 表彰式は六月に兵庫県姫路市で行われる。