ミニチュア写真家田中達也さんの作品展「MINIATURE LIFE(ミニチュア・ライフ)展 田中達也 見立ての世界」は二十七日から福島市のとうほう・みんなの文化センター(県文化センター)で開かれる。二十五日は関係者が会場で準備作業を行った。

 同センター開館五十周年記念事業。田中さんは二〇一七(平成二十九)年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックを担当し人気を博した。写真作品約百十点とミニチュア作品約四十点を展示する。クロワッサンが雲のように見える「クモワッサン」など、日常にある物を別の視点で見立てたユーモラスな世界が広がる。会場では「ひよっこ」の主題歌となった桑田佳祐さんの「若い広場」を流す。オリジナルグッズが並ぶ物販コーナーも設ける。

 福島民報社、福島テレビの主催。県文化振興財団の共催、JAグループ福島、福島交通の協賛。会期は五月十日まで。前売り券は二十六日まで販売している。一般千円(当日千二百円)、高校生以下五百円(同七百円)、未就学児無料。福島民報社本社、郡山本社、各支社・支局、福島民報販売店、とうほう・みんなの文化センター、中合福島店、うすい百貨店、コンビニエンスストアなどで販売している。前売り券購入者には特典として入館時にオリジナルクリアしおりを配布する。

 詳細は特設サイトhttps://miniature−fukushima.jpに掲載されている。問い合わせは福島民報社事業局 電話024(531)4171へ。


■新型コロナ感染防止へ マスク着用で来場を

 主催する福島民報社と福島テレビは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため会場で対策を行う。

 来場者にはマスクを着用してもらい、会場に設置した除菌スプレーを使用する。また、サーモグラフィーや非接触型体温計を設置し、体温が高い場合や体調に不安がある場合は入場の自粛を呼び掛ける。会場は定期的に換気する。退場の際には、連絡票に記入してもらう。

 また会場の混雑を避けるため、入場を規制することがある。混雑時の待ち時間は公式ツイッター https://twitter.com/minpo_jigyoに随時掲載する。