毎週金・土曜日の夜、福島市のJR福島駅前通りを歩行者天国にして飲食を提供するイベント「ふくしま満天バル」が二十六日始まった。多くの人が訪れ、屋外の開放的な空間で食事をして楽しいひとときを過ごした。

 地元商店主でつくるふくしま情熱通り実行委員会の主催。新型コロナウイルス対策を踏まえた「新しい生活様式」を守りつつ、外出自粛や休業要請の影響を受けた飲食店を支援し市街地活性化につなげようと企画した。

 周辺の飲食店がテークアウト(持ち帰り)用の料理を販売している。テーブル十卓を間隔を空けて設置し、密集を避けた。感染発生に備え連絡先を把握するために、利用者にはメールアドレスの登録を促したほか、アルコール消毒を徹底した。

 実施日は八月一日までの毎週金・土曜日と七月二十二、二十三の両日。時間は午後五時から同九時(道路封鎖は午後四時から同九時半)まで。荒天の場合は中止。