県内各地を転戦する自転車ロードレース「ツール・ド・ふくしま」の第1戦「ツール・ド・かつらお〜第6回福島民報杯」は最終日の28日、28キロ2周レースで石原悠希(栃木県、Hincapie LEOMO bellmare)が1時間38分0秒260で優勝した。28キロ1周レースのクラス3は斎藤祥樹(神奈川県、東海大学Bombers)が55分6秒650で優勝した。同じ距離を走ったクラス2の選手を抑えて最速だった。

 クラス1はプロや国内トップアマチュア、クラス2は市民レース上位入賞経験者が出場した。市民レース経験者のクラス3、初心者らによるクラス4も行われた。  各種目の上位成績は次の通り。かっこ内は所属先。所属していない場合は住所。

 ◇28キロ2周レース▽クラス1(1)石原悠希(Hincapie LEOMO bellmare)1時間38分0秒260(2)福田圭晃(Yamanakako Cyclisme Formation)(3)渡辺翔太朗(那須ブラーゼン)

 ◇28キロ1周レース▽クラス2(1)竹内碧海(VC福岡)56分3秒820(2)山羽健士郎(秋田県)(3)伊藤陸人(同)▽クラス3(1)斎藤祥樹(東海大学Bombers)55分6秒650(2)斎藤亨(Teamぷしゅ)(3)田中宏樹(anivelo)

 ◇ハーフコース15キロ▽クラス4(1)小野雄基(team nacree)31分34秒720(2)安斎達也(サイクリング企画部)(3)小坂悠人(もちもちレーシング)▽女子(1)水谷彩奈(MZT)32分38秒56(2)堀川倫子(南相馬市)(3)原睦(福島市)▽ジュニア(1)成瀬怜(ウィンディー筑波)31分49秒070(2)水谷悠平(MZT)(3)武田イオリ(RSR)