福島・大波小に「感謝」 地域住民ら清掃

福島・大波小に「感謝」 地域住民ら清掃

 今月末で廃校となる福島市の大波小で20日、地域住民による「ありがとう大波小」のメッセージ掲示と校内の清掃が行われた。 大波地区青少年健全育成推進会(加藤克哉会長)が主催し、約30人が参加した。花壇の草むしりを行い、側溝の落ち葉を回収のほか、プランターに花を植えた。26日の閉校式典に向けた準備が整った。 校舎に掲示した「ありがとう」の文字の周囲には、卒業した子どもの手形が押してある。 大波小は東京電力福島第一原発事故などの影響で平成26年度に児童数がゼロとなって休校し、28年に廃校が決まった。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

福島民報の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

12時09分更新

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索