今井さんら『演技に熱』 いわき総合高生製作「映画」公開ロケ

 いわき総合高の生徒が本県の海をテーマに製作している映画の公開ロケが5日、いわき市の同校で行われた。監督で同市在住の映像作家羽賀慎一郎さん(36)の指導を受け、生徒たちは真剣な表情で撮影に臨んだ。
 日本財団が進めるプロジェクトの一環で、「海と日本プロジェクトinふくしま」(事務局・福島中央テレビ)が企画。同校の生徒約40人と4月から脚本作りに取り組み、撮影は今月始まった。映画は、海の事故で彼(蒼太)を亡くし、ひきこもってしまった主人公ひかりが彼の幻影や不思議な少年との出会いを通して再び海と向き合い、一歩を踏み出していく物語。映像制作集団ブンズなど出演者、スタッフともにオールいわきで製作している。
 この日は、同校演劇部で「ひかり」役の今井楓さん(2年)と「蒼太」役の香西守さん(1年)が廊下での回想シーン、教室での撮影に挑んだ。香西さんは「画面の向こう側で見る人たちにどうしたら思いを伝えられるか考えながら演じている」と話し、今井さんは「真逆の性格を演じるのは難しいけど、福島にもきれいな海があるということを伝えられるような作品にしたい」と意気込んだ。
 羽賀さんは「身近な海を改めて見つめる時間になっている。主人公の成長を通して海、福島の良さを伝えられれば」と期待する。
 今後、9月16日に同市のいわきPIT、同23日に東京都内で完成試写会を開き、福島中央テレビやインターネットでの放映を予定している。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

みんゆうNETの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索