浅川で「花壇プロジェクト」 花が咲き誇る古里へ思い新た

浅川で「花壇プロジェクト」 花が咲き誇る古里へ思い新た

 県内の市町村に各自治体の花を植える「ふくしまを花で飾ろう『市町村の花』の花壇プロジェクト」が9日、浅川町中央公民館で行われた。関係者が花壇を整備し、花が咲き誇る古里への思いを新たにした。
 花壇の整備は中島村に続き20カ所目となり、セレモニーには須藤一夫町長、円谷忠吉町議会議長、内田賢寿町教育長、緑川重男町盆栽野草愛好会長、柳沼幸男福島民友新聞社専務が参加した。
 須藤町長と柳沼専務が県の花ネモトシャクナゲ、円谷議長と緑川会長が町の花サギソウにそれぞれ土をかけ、来年6月10日に南相馬市で開かれる第69回全国植樹祭の成功を願った。
 花壇にギボウシやテッポウユリなども植え、参加者が住民らの憩いの場になることを期待した。
 セレモニーでは全国植樹祭に向けて県民参加の森林づくりに取り組む「森林とのきずなづくりリレー」も行われた。実行委を代表して柳沼専務が中島村から託されたブナ製のバトンを須藤町長に手渡した。内田教育長が花いっぱいまちづくり宣言をした。
 花壇プロジェクトは、農林中央金庫などによる「復興支援協定」の協力により、ネモトシャクナゲと自治体の花を植えた花壇を各市町村に整備する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

おすすめ情報

みんゆうNETの他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

福島のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索