14日午前6時5分ごろ、南相馬市の市道で、同市、会社員、男性(51)の軽自動車が路肩の工事用看板に衝突した。消防隊員らが現場に駆け付けると男性は心肺停止の状態で、病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。南相馬署は病気と事故の両面で原因と死因を調べている。
 同署によると、事故直後、男性んから会社の上司に「事故を起こした」などと電話があり、上司が110番通報した。男性は仕事中で、進行中に道路左側に逸脱し、路肩の看板に衝突、道路脇の畑で停車した。現場は中央線のない片側1車線の直線道路。
 同署は今後、福島医大で司法解剖し死因を調べる。